社長の思いをカタチにする人事制度


「仕事の貢献度に応じて賃金を変えたい」

「従業員のやる気を引き出すににはどないしたらエエンヤロ?」

「何べん同じ事言わせんねん!!」



こんなことを思って書店で人事制度や賃金制度の本を捜されたことのある社長さん、
意外と多いのではないでしょうか?でも、中を見られてどうでしたか?
専門用語の羅列ばかりで、ひどく難しく感じられたと思います。

実は書店にずらりと並べてある本は大企業や中堅企業向けの本ばかりなのです。
我々が一番段関与させていただいている、従業員さんが数名から数十人規模の小さな会社向けの本ではないんです。

だからと言って、小さな会社に人事制度を取り入れることができないかと言うとそうではありません。

人事制度は逆に小さな会社ほど効果的です。専門用語も全く関係ありませんし、難しくもありません。
なぜなら、人事制度の根本は
「社長の思いを形にする」 たったこれだけのことだからです。

通常、コンサル会社さんに人事制度や賃金設計の依頼をされると、
まず従業員の中から数人を選び、プロジェクトチームを作ることから始まります。
コンサル費用は数百万円から一千万円が相場です。

私もそのようなプロジェクトチームを作る伝統的?な人事コンサルをしていた時期もありますが、「導入に時間がかかり、内容も複雑なため、結局小さな会社には運用しにくい」
ということがわかりました。

大企業と小規模な会社との大きな違いは

「社長さんと従業員さんのレベルに差がありすぎる!!」これが一番のポイントです!!

社長さんはなぜ、社長になろとしたのでしょうか?サラリーマンをされているより、も起業した方が自分の能力が発揮できると思われたからではないでしょうか?

社長になる人は勤め人時代も飛びぬけて優秀だった人ばかりなんです。

それに引き換え従業員さんはどうでしょう? 履歴書の職歴、あまりに多くはありませんか?
「なんでこんな事もわからへんのや!!」と、従業員さんについつい怒鳴ってしまった・・
こんな事もあったかもしれませんね。

通常、大企業は学卒者を一斉に採り、自社の研修センターに3ヶ月も半年も送り込んで、
社会人としてのマナーを徹底的に叩き込んでから、現場に送り出します。

そんなこと、小さな会社で真似ができるでしょうか?
「研修に行かせるヒマがあったら募集なんかせえへんわ。すぐに戦力として働いてもらわんと!!  そんなお金も時間もあるかいな・!! 会社は学校とちゃうで~」
おそらくどの社長さんもおっしゃることと思います。

社会人として何の教育も受けておらず、転職を繰り返している従業員さんと、
サラリーマンでは飽き足らず、起業した社長さん・・・
考えて見てください。
両者の間にどれだけ大きなギャップがあるか・・・

「何べん言うても言うこと聞かへん」「やる気のある奴がおらん・・」「話が通じひん・・」
こんなお話しを、本当によくお聞きします。

これは社長と従業員のレベルがあまりに違いすぎるからです。ですから社長の話が通じないのです。
社長が「当たり前」だと思っていることが従業員さんにとっては当たり前ではないんです。

人事制度の根本は、社長の思いを形にすることです。形にすると言う事は

「どんなことをどれだけして欲しいのか」
「それが会社の業績どうリンクするのか」

それを一人一人にわかりやすく伝え、社長と従業員のギャップを無くすことです。

ギャップをなくして、「社長は自分達にこんなことを望んでるんやな」
「こんな仕事ができるようになったら、こんな評価になるのか・・・」と明確にし、従業員さんに伝えること。
それが人事制度の目的です。

結果、会社が高い業績を上げることに繋がります。


ですから、原則として、初年度はプロジェクトチームは作りません。
会社にあるおおよその仕事を把握していらっしゃる場合、社長と私と二人で人事制度を作り上げることもあります。

原則「社長がすべて」の考えに立ってお作りします。

まず、社長の愚痴をお聞きすることからスタートです。
愚痴をぜ~んぶぶちまけていただければ、半分はできたと同じ。
あとはそれを元に評価項目として明文化し、運用していきます。

この人事制度には、もう一つポイントがあります。

評価をいきなり賃金にリンクさせないということです。

いきなり月額賃金にリンクさせてしまうと、従業員さんは不安になります。
評価の高い従業員さんまでもが、「良い成績を取り続けなければ賃金は下がるのでは?」と疑心暗鬼になります。
決して良い効果は得られません。

それよりも、好成績者には、みんなの前で表彰してあげてください。
本人に内緒で、こっそり家族に感謝のお手紙を書くのも効果的です。
そして、どうやったらそんな好成績が取れたのかを、他の従業員さんと共有してもらいます。
高い評価を得た人はより成長しますし、そうでなかった人もお手本があるため、力が付きやすくなるのです。

どうしても賃金にリンクさせたいのであれば、初年度は「一時金」という形で、支給してあげてください。
ある程度浸透してきた段階で、賞与の一部をリンクさせる。
月額賃金にリンクさせるのは、最終段階、ず~っと先です。
それでも、どうしても・・・・とおっしゃる場合は、「調整給」という形で、総支給額が下がらない設計にします。


「社長の想いカタチにする人事制度」は、社長の考えていることを明確にするだけでなく、

モチベートされた従業員さんが、社長の夢に向かって一緒に走りだしてくれます。


ぜひ、「社長の思いを形にする人事制度」で、社長と従業員さん、共に笑って仕事ができる会社を目指してください。



社会保険労務士 繁笑事務所

〒540-0033
大阪府大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館 7階
TEL : 06-6809-5082
FAX : 06-6809-5982
E-mail : info@hanjou.jp
URL : http://www.hanjou.jp/

ページの先頭へ